ビジネスローンは無担保・保証人不要がベーシックなローン

ビジネスローンは無担保・保証人不要がベーシックなローン

「近年話題のビジネスローンとは」

近年になって、テレビやネット上でビジネスローンという金融商品が目立つ様になってきました。このビジネスローンとはどんなプランなのでしょうか?これまでの銀行融資とはどう違うのだろう?と気になさっている方は少なくないでしょう。特にこのローンは、個人事業主や中小企業の事業者向けだと言われています。ですから対象にある会社の方が、このローンの内容をしっかりと把握しておくのは得策でしょう。ビジネスローンを一言で言うと、個人事業・中小企業向けの無担保事業者ローンです。この無担保ローンという部分が大きなメリットになっています。これまでの銀行融資や金融公庫からの融資では担保物件の価値が融資額に大きく影響してきました。つまり有効な担保か保証人の後ろ盾がなければ、経営基盤の信用度だけでは十分な借金ができなかったのです。

http://xn--yckc3dwa7kmb0d.net/

「スピーディな審査が魅力」

一般的にビジネスローンは銀行系と消費者金融系、クレジットカード系に分類ができます。ですがどちらもスピーディーな審査が信条で、無担保かつ第三者連帯保証人の確保が必要ではないメリットがあります。特に審査スピードでは、他の金融商品と比べても相当に早く、基本的に3~5営業日もあれば融資完了となるのです。中には最短で即日審査も可能だといいますから大変に便利でしょう。ではなぜ高速の審査完了がなされるかと言うと、ビジネスローンの審査方法では、独自のスコアリングシステムを採っているからです。従来ですと融資申込者の担保や返済能力に関する直接調査がメインとなり、判断をするまでに時間が掛かっていました。しかし、このスコアリングシステムではコンピューターの情報ベースを判断基準として、申請者の条件を即座に計算してくれます。ある意味で瞬時に審査結果が得られるという事です。

「融資枠は大きく返済期間もゆっくり」

またビジネスローンでは審査基準になる提出書類が少な目で、余計な手間が省かれている点もあります。急な資金ショートでもスムーズな資金繰りが可能な点も大きなメリットでしょう。そしてビジネスローンの融資限度枠に関しても特典があります。一般的に上限額が5000万円以内ですが、このボリュウムがあれば、中小企業の資金ショートにも十分に対応ができると言えます。また返済期間が最長で5年以内が相場ですので、無理なく計画的な返済プランが立てられるでしょう。

不動産を担保にした不動産担保ローンという資金調達の方法もあります。

「ビジネスローンの始まりは」

ビジネスローンが誕生したキッカケは、バブル崩壊後の貸し剥しと大手企業・上場企業優先の融資環境があります。不良債権をおそれた金融機関が、不安定な中小や個人経営の会社を敬遠したことが起因となっています。ですが、日本の経済を大きく下支えしてきたのは技術力のある零細企業だということから、近年では政府の関与もあって融資環境の改善化が図られてきたのです。その注目商品がビジネスローンだと言えるでしょう。この頃では大手銀行だけでなく、地方銀行でもビジネスローンを提供するようになり、消費者金融や信販会社が提供するノンバンク系ビジネスローンも続々と参入しています。

「ビジネスローンのメリット」

ビジネスローンは大きく見ると住宅ローンと同じ系列の融資になります。住宅ローンでは、既存の土地・建築物件や建築予定物件などの評価と、利用者の年収を元に審査をしています。そこに担保価値があると思えばお金を貸してくれます。実はビジネスローンも同じ理屈で融資を決めています。それは営業より発生する利益と自己資本から判断されます。つまりその会社の直近の決算内容と事業計画がポイントになるのです。ただし金利は数百万円でも10%前後と、格別低金利の相場ではない事を理解しておきましょう。ですが、総量規制(年収の3分の1以内)の対象外になっています。目的が事業性の資金ですから、金融機関の裁量で融資額を決める事が可能です。つまり条件次第では大型融資が受けられるのです。

↑ PAGE TOP